Licca Life

Licca Life(りからいふ) リカちゃんといっしょに、こどもむけのしゅげいサイトです。 3DSでも見られるようになっています。

Licca Life(りからいふ)
リカちゃんといっしょに、こどもむけのしゅげいサイトです。
3DSでも見られるようになっています。

★★少し縫う(すこしぬう)

今回はとっても簡単(かんたん) エプロンドレスを作りましょう!

今回リバーシブルなので、2とおりのきかたができます。

丈(たけ)が長いものと、みじかい物の2しゅるいです。

PhotoGrid_1459441105818

*=======*=======*========*========*
今回(こんかい)作(つく)る物(もの)は、手縫(てぬ)いでも可能(かのう)ですが、
ミシンでぬうとしっかりつくれます。
*=======*=======*========*========*
材料
柄(がら)ちがいの布地2枚

布の大きさのめやすは
みじかいサイズは たて15センチ よこ15センチ
長いサイズは たて20センチ よこ15センチ

細いリボンかヒモ 50センチくらい

ミシン糸
*=======*=======*========*========*
道具
ミシン 
まち針
アイロンはふようですが、途中アイロンを使用するとキレイにしあがります。
しゅこうげい用の 小さいはさみ(布を切ります)
ヒモ通し(毛糸を通す大きめの針でもOK)

*=======*=======*========*========*
作り方
↓画像を参考に、ラインを引きます。
(ラインの上をぬうことになります。)
PhotoGrid_1459440206903

(画像左)
↓まち針で、2枚をなかおもてにかさねて、線どおりにミシンをかけます
(ヒモを通す穴の部分と、裾は縫いません。)
↓ミシンをかけ終わったら、周囲を1.5センチくらいの縫(ぬ)い代(しろ)でかっとします。
PhotoGrid_1459439914129
(↑画像右の列)
★縫い代を、爪(つめ)で折ります。※アイロンで折るときれいな仕上がりになります。
★表に返し、裾を1センチくらい中側におります。
★裾をミシンでぬいます
★ヒモをとおします。
ヒモは左横からいれて、左上からだして、右上からいれて、右横にだします。

※ヒモが通る部分 約1センチあけておく↓
PhotoGrid_1459440519059


↓完成です。
リボンやキラキラのパーツをつけてアレンジしてね。
PhotoGrid_1459440694023


↓後ろから見るとこんなかんじです。
丈は好きな長さに自分で変えてみてね。
PhotoGrid_1459441464115

プリントの生地は、むねのいちに、ワンポイントがくるようにちょうせいしてみましょう。

PhotoGrid_1459441755485

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
今日はエイプリルフールです。

うそを ついても良(よ)い日だそうです。

本当に、困(こま)らせないように、
わかりやすい ウソをついてもいいかもしれませんね!

菜種(なたね)は
ずっと ウソを考えていて 全くおもいうかびません。
20160401015520[1]

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


ブログランキング★おうえんしてね!
にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ

前回(ぜんかい)の ボレロは作(つく)ってみましたか?

ボレロができたのであれば、きっと想像(そうぞう)して、ワンピースも作ったかもしれませんね。
PhotoGrid_1457485162044
今日は ワンピースの作り方です。

このワンピースは、よそ行きではなく部屋着(へやぎ)のような感覚(かんかく)で作ってあげてくださいね。


10センチの直線縫(ちょくせんぬ)いがでてきます。
もちろんミシンでも可能(かのう)です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
材料(ざいりょう)
ほつれにくい生地(きじ)がおすすめです。
布(ぬの)の端(はし)があれば、端(はし)を利用(りよう)しましょう。
無地(むじ)で数着作(すうちゃくつく)れば着回(きまわ)しができます。
12センチ×10センチあればOK

道具(どうぐ)
針(はり) 糸(いと) 布を切るはさみ
糸は、ボタンをつけるくらいの太い糸で大丈夫です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作り方
★生地を12センチ×10センチにカットします。
12センチの方が、おなか周(まわ)りになります。
★中表(なかおもて)にして、10センチの方(ほう)を上から下までぬいます。
PhotoGrid_1457486062706
★シリコンゴムをつけます。
針で、数回(すうかい)ぬってください。
ゴムは輪(わ)のままで、位置(いち)は上から1センチ~1.5センチくらいのばしょがよいですが、シリコンゴムの長(なが)さに合わせてください。
頭(あたま)が通(とお)る長(なが)さがあればOKです。
★表(おもて)に返(かえ)して完成(かんせい)。

※シリコンゴムがない場合はまるくゆわいたゴムをつけてください。
リボンの場合は長めにつけて首の後ろで結わいてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アレンジしよう!
★長さをかえて、ロングやショートたけをつくってみよう。
★裾(すそ)にレースをつけてみよう。
★むねのぶぶんに、ビーズをつけてみよう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まとめてつくろう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すうまいのきじを まとめてカットして、1度にたくさん作ってみましょう。
PhotoGrid_1457486963748

今回つくった ボレロと、ワンピースは、部屋着(へやぎ)としてつくりました。
布(ぬの)の端(はし)の始末(しまつ)をせず、簡単(かんたん)に、早(はや)くつくれる衣類(いるい)です。
ほつれやすいので、ちゅういしてね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大人の方へ

小学生が、知識なしに衣類を作るのには、かなりのハードルがあります。
衣類を作るときの「袖つけ」「衿付け」「生地の始末」が非常に難しいのです。
(リカちゃんのサイズだと、子供の衣類よりも難しい)

そこで、
★直線縫い(ちょくせんぬい)
★直裁ち(じかだち)型紙を使わず直接生地に線をかいて切ること。

を、たくさん使用すれば、作りやすくなるかなと思いました。
今後 直線縫い・直裁ちをたくさん使用すると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブログランキング★おうえんしてね!
にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ

リカちゃんの服(ふく)が無(な)くて困(こま)っていませんか?

ドレスや きせかえのふくは のちのち ゆっくり作ることができますが、
服(ふく)が無(な)いリカちゃんがいるかもしれません。

今回(こんかい)は 簡単(かんたん)で しっくりくる ふくを作ってみましょう。

15センチの直線縫(ちょくせんぬ)いがでてきます。
もちろんミシンでも可能(かのう)です。

服(ふく)の種類(しゅるい)は
「ボレロ」と「ワンピース」になります。
今回はボレロをつくり、次回(じかい)ワンピースを作ります。
PhotoGrid_1457623185333


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
材料(ざいりょう)
ほつれにくい生地(きじ)がおすすめです。
布(ぬの)の端(はし)があれば、端(はし)を利用(りよう)しましょう。
無地(むじ)で数着作(すうちゃくつく)れば着回(きまわ)しができます。
6センチ×15.5センチあればOK

道具(どうぐ)
針(はり) 糸(いと) 布を切るはさみ
糸は、ボタンをつけるくらいの太い糸で大丈夫です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作り方
★生地(きじ)を画像のようにカットします。
直裁ち(じかだち)といって、直接布(ちょくせつぬの)に線(せん)を引きましょう。
6センチ×15.5センチの長方形(ちょうほうけい)をかいてにカットして、まんなかを3センチ×5.5センチカットします。(↓がぞうの2だんめの左をさんこうにしてください)
布の端(はし)を利用(りよう)する場合(ばあい)は、長(ながい)い辺(へん)を布の端にしてください。
★がぞうのように折(お)って、端(はし)から 端(はし)までぬいます。
★ひっくり返(かえ)して完成(かんせい)。
PhotoGrid_1457485750979
★肩(かた)のみの、簡易(かんい)ボレロです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上級編!!(じょうきゅうへん)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は、上級編も用意しました。
上級編はリバーシブルです。
リバーシブルとは両面できることができる服のこと。

菜種(なたね)は、リバーシブルが大好きす。

今回は基礎中の基礎にあたり、原理をマスターすれば、リカちゃんの書籍の衣類もリバーシブルで作ることができて作る時間が短縮できて、服も2枚分になり、一石二鳥です。

人間の服にも適応ができるので、是非覚えてみてくださいね。
※今回は簡易ボレロでの説明ですが、今後シャツ等を作ることになったときにまた説明します。

作り方
生地は2枚準備します。
上の寸法では若干キツくなるので、気持ち程度大きめに作ってください。
★中表に2枚を併せて、先に縫ってから、カットをします(小さいのでミシンにからむので)
★袖を縫います。両側です。
★(画像がわかりにくいのですが)内側に半分に折ります。
★左右から5センチほど真ん中を残して縫います
PhotoGrid_1457486645838
★残した5センチの部分からひっくり返します。
 右袖・左袖・・・ という感じに返します。
★形になったと思います。3センチの穴を手縫いでふさぎます。


↑説明不足だと思うので、時間がかかってしまうかもしれませんが、後日更新しますね。
一般のシャツでの手順的には
1 ポケットなどは全てつける
2 それぞれ後ろ身頃と前身頃と袖をつける
3 2の2枚を中表にして、前~衿(挟む)~前を縫う  
4 袖口を縫いあわせる(縫うのは袖口のみです・AとBの生地をつなぐ)
5 袖口の4で縫った部分を基準に、それぞれの布地を中表にあわせます。
6 5であわせたものを Aの生地の前身頃と後ろ身頃を脇から縫いはじめ、Bの生地の脇まで。を左右縫います。
7 最後に縫うのが、裾になります。裾が縫えるように見頃を裾の中に入れて、返し口を作って裾を縫う。
8 返し口を縫います

といった感じです。
ややこしいけど、1度覚えると 癖になって ついついリバーシブルを作ってしまいます。

PhotoGrid_1457485162044

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次回(じかい)は ワンピースです。
シリコンゴムをしようするので、100円やさんなどの、シリコンゴムをよういできればあるとべんりです。
※なくてもできます。(たのゴムやリボンをだいようします)

サクラの開花(かいか)が楽(たの)しみです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング★おうえんしてね!
にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ

↑このページのトップヘ